帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県在日外国人支援センター

愛知県刈谷市(東海・中部)在住の申請取次行政書士のウェブサイトです。
外国人が日本国籍を取得する手続き(帰化申請)や外国人がビザを取得するための手続き(入管手続)について紹介します。

「帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県在日外国人支援センター」へのご訪問ありがとうございます

当サイト「帰化・入管手続ならおまかせ!愛知県在日外国人支援センター」へのご訪問ありがとうございます。

どのようなご用件で当センターをご訪問されたのでしょうか。
「インド料理店を経営したいので、優秀なコックをインドから呼びたい」
「中国で結婚したので、奥さんと日本でいっしょに暮らしたい」
「韓国のグループ会社から社員を転勤させたいのだが‥‥」
「留学生だが、日本で就職したい」
「長年日本で暮らしてきて、日本に生活の基盤があるので、日本に永住したい」
………なるほど。

行政書士近影

入国管理局への申請

外国人が日本で生活するためには、入国管理局への申請が不可欠となります。

在留期間更新許可申請

外国人を日本へ呼び寄せるためには、「在留資格認定証明書交付申請という手続きをとるのが一般的です。上記の例でいえば、コックを呼びたいなら、「技能」、奥さんを呼びたいなら「日本人の配偶者等」、グループ会社からの転勤の場合なら「企業内転勤」の「在留資格認定証明書交付申請」をとることになります。

在留期間更新許可申請

呼び寄せることができたとしてもそれで終わりではありません。外国人は在留資格ごとに定められた期間(在留期間)日本に滞在することを許可されるだけなので、期間満了後も日本に滞在することを望むのなら、「在留期間更新許可申請」という手続きをとる必要があります。 この手続きを怠れば不法滞在(オーバーステイ)となり、強制的に帰国させられてしまいます。この状態から逃れるために「在留特別許可」を願い出るという方法もありますが、困難です。

在留資格変更許可申請等

さらに、外国人は営利活動については在留資格ごとに特定の活動を許されるだけなので、留学生がアルバイトをするにも「資格外活動」の許可を受ける必要がありますし、就職するためには、「国際業務」や「技術」など働くことができる「在留資格」へと「在留資格変更」をする必要があります。結婚したり、離婚した場合も資格変更をしなければなりません。一定の要件を満たせば期間更新の手続きが不要で活動の制限もない「永住者」への資格変更もできます。これを「永住許可申請」といいます。

申請取次行政書士

私にお手伝いさせていただけませんか? 私は入国管理局へのへの申請取次の資格を持つ行政書士です。必要な情報と署名さえいただければ入国管理局への手続きを代行することができます。書類作成・ご相談のみのお客様も歓迎いたします。

帰化許可申請

外国人が日本国籍を取得するための手続きが帰化許可申請です。

帰化許可申請サポート

そして、もうひとつのお手伝い。
 外国人の日本国籍取得、すなわち帰化申請のサポートもいたします。 帰化申請は、住所地を管轄する法務局へ申請しますが、 用意すべき書類も多く途中で断念される方も多いようです。ぜひ、書類作成・収集のプロである行政書士にお手伝いさせてください。

韓国籍の方の帰化申請に欠かせない韓国の身分関係の書類(家族登録簿に関する証明書・除籍謄本)戸籍の取得・翻訳についても熟知しております。現在、韓国の身分関係の書類の取得代行・翻訳については単独ではお引き受けしておりません。帰化申請関係、相続関係の業務以来を受けた場合の付随業務としてのみ承ります。