従前の戸籍謄本に代わり、韓国人の身分関係を証明する「家族関係登録簿等の証明書(가족관계등록부등의 증명서)について説明します

Naturarization and Immigration service 帰化、在留手続

家族関係登録簿等の証明書(가족관계등록부등의 증명서)-帰化申請-愛知県在日外国人支援センター

代表行政書士の顔写真 携帯サイトのURLのQRコード 小林行政書士法務事務所 代表:小林憲一
448-0855 愛知県刈谷市大正町4-104 地図(e-NAVITA)
TEL:(0566)23-3331 FAX: (020) 4666-5532
メールでのお問い合わせはこちら

家族関係登録簿制度について

韓国は2008年従来の戸籍制度を廃止し、家族関係登録簿制度に移行しました。この新しい家族関係登録簿は戸籍とほぼ同じ情報を記録していますが、戸籍謄本・戸籍抄本は戸籍を同じくする人すべての身分関係が明らかになったしまい、プライバシーの観点か問題があったため、個人を単位として、親子関係、婚姻関係など、登録事項ごとに証明書が発給されます。  

家族関係登録簿制度以降前、すなわち2007年までに死亡・帰化した方は登録簿に記載がなく、結果証明書は取得できず、また

登録事項別証明書

基本証明書(기본증명서

 出生証明書と死亡証明書を合わせたようなものです。
 本人(対象者)の出生年月日・出生場所・住民登録番号(韓国生まれの場合のみ)・本貫(本と記載)、死亡していた場合は死亡年月日と死亡場所が記載されます。改名・国籍回復等の事情があればその点も記載されます。

下記が基本証明書の一例です。クリックで拡大します。  

 基本証明書  

 基本証明書の日本語訳テンプレート
 エクセル形式の日本語訳テンプレート(雛型)です。氏名、生年月日、住所等を記入するだけで使用できます(改名・国籍回復等の事情があった場合、項目を追加する必要があります)。
 当事務所が過去数年にわたり使用(法務局への提出等)しているものですが、使用にあたっては自己責任でお願いいたします。

家族関係証明書

 両親・配偶者・子の出生年月日・出生場所・住民登録番号・本貫が記載されています。兄弟姉妹については記載されませんので、兄弟姉妹関係を証明するためには親の家族関係証明書を取得する必要があります。

 下記が家族関係証明書の一例です。クリックで拡大します。  

 家族関係証明書  

家族関係証明書の日本語訳テンプレート
 エクセル形式の日本語訳テンプレート(雛型)です。氏名、生年月日、住所等を記入するだけで使用できます(「子女」の数が少ない場合等は項目を削除するなど修正の必要はあります)。
 当事務所が過去数年にわたり使用(法務局への提出等)しているものですが、使用にあたっては自己責任でお願いいたします。

婚姻関係証明書

 婚姻歴、離婚歴を証明するものです。家族関係証明書には現配偶者の氏名・出生年月日等が記載されるだけで婚姻年月日は記載されませんし、前配偶者については記載されませんので、前婚を含めた婚姻歴を証明するためには婚姻関係証明書を取得する必要があります。

 下記が婚姻関係証明書の一例です。クリックで拡大します。  

 婚姻関係証明書  

 婚姻関係証明書の日本語訳テンプレート
 エクセル形式の日本語訳テンプレート(雛型)です。氏名、生年月日、住所等を記入してください(離婚歴があるなどの事情がある場合は項目を追加する必要があります)。
 当事務所が過去数年にわたり使用(法務局への提出等)しているものですが、使用にあたっては自己責任でお願いいたします。

入養関係証明書

 養子縁組の履歴を証明します。

 下記が入養関係証明書の一例です。クリックで拡大します。  

 入養関係証明書  

 入養関係証明書の日本語訳テンプレート
 エクセル形式の日本語訳テンプレート(雛型)です。氏名、生年月日、住所等を記入するだけで使用できます(記録事項がない場合を想定していますので、記録があった場合は修正する必要があります)。
 当事務所が過去数年にわたり使用(法務局への提出等)しているものですが、使用にあたっては自己責任でお願いいたします。

親養子入養関係証明書

 親養子とは実親との親子関係が終了する養子のことで、日本における特別養子に相当します(要件等は異なります)。この親養子の親子関係を証明します。  

 

 下記が親養子入養関係証明書の一例です。クリックで拡大します。  

 親養子入養関係証明書  

 親養子入養関係証明書の日本語訳テンプレート
 エクセル形式の日本語訳テンプレート(雛型)です。氏名、生年月日、住所等を記入するだけで使用できます(記録事項がない場合を想定していますので、記録があった場合は修正する必要があります)。
 当事務所が過去数年にわたり使用(法務局への提出等)しているものですが、使用にあたっては自己責任でお願いいたします。

一部事項別証明書

 前述した基本・家族関係・婚姻関係・入養関係・親養子入養関係すべてについて一部事項証明証が発行されます。抄本に相当するものと考えてよいと思います。

除籍謄本

 現在、韓国には戸籍制度は存在しないので、戸籍謄本は取得できず、除籍謄本の取得のみ可能です。

申請方法

申請方法についての韓国大使館公式サイトのページ

申請できるのは原則として本人・配偶者・父母・養父母・子およびその代理人のみです。

 申請書に必要事項を記入し、①在留カードまたは特別永住者証明書(外国人登録証明書)・パスポート・運転免許証のいずれかの両面コピー(帰化している場合はさらに帰化日・元国籍・韓国名の記載された戸籍[除籍]謄本)②返信用封筒③手数料を添えて、韓国領事館へ郵送申請します。

家族関係登録簿等の証明書交付申請書(PDF)

 手数料は登録事項証明書・一部事項証明書・除籍謄本すべて一通120円です2015年12月現在)。現金書留または郵便小為替のみ。

Powered by sozai.wdcro
カスタム検索
トップページ
帰化申請
在留資格認定証明書
永住許可
在留資格変更
資格外活動許可
在留期間更新
就労資格
再入国許可
在留特別許可

事務所概要
料金・お申し込み方法
代表行政書士
リンク集
このサイトについて
サイトマップ

小林行政書士法務事務所
行政書士会碧海支部
サクサク!内容証明!!

 Adobe Readerをお使いの方は、リンク色で表示されている書式をクリックして下さい。書式をダウンロードできます。Adobe Readerはアドビ社から無料でダウンロードできます。