外国人が日本で働くための手続きについて説明してあります。

Naturarization and Immigration service 帰化、在留手続

就労資格-愛知県在日外国人支援センター

代表行政書士の写真携帯サイトのURLのQRコード 小林行政書士法務事務所 代表:小林憲一
448-0855 愛知県刈谷市大正町4-104 地図(e-NAVITA)
TEL:(0566)23-3331 FAX: (020) 4666-5532
メールでのお問い合わせはこちら

 外国人が日本で働くためには、就労可能な在留資格を有していることが必要です。
 「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」(出入国管理及び難民認定法別表2参照)  「特別永住者」日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法参照) については就労につき制限はありません。

 「外交」「公用」「教授」「芸術」「宗教」「報道」(入管法別表1の1)「高度専門職」  「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「興行」「技能」「技能実習」(入管表別表1の2)については、資格の範囲内でのみ就労が可能です。
 例えば、コック(技能)として来日した人が通訳として働くためには、「人文知識・国際業務」へ資格変更するか、資格外活動の許可を得る必要があります。(現実には韓国料理のコックとして来日した人が日本料理をつくることさえ、いい顔はされません)

 「文化活動」「短期滞在」(入管法別表1の3)「留学」「研修」(入管表別表1の4)については就労は不可能であり、働くためには、就労可能な在留資格に変更するか、資格外活動の許可を得る必要があります。

 「特定活動」(入管法別表1の5)は個々の外国人について法務大臣が指定する資格なので就労可能な場合も不可能な場合もあります)。

 ご注意!
 就労不可能な資格のまま働いた場合、1年以下の懲役・禁固、200万円以下の罰金に処せられます!(入管法第9章73条)
 就労不可能な外国人を雇って働かせた場合、3年以上の懲役・禁固、300万円以下の罰金に処せられます(入管法第9章73条の2

 外国人の方は自分がこれからしようとしている仕事をする資格があるのか十分に注意し。、必要な資格が現在ない場合は、入国管理局にて、必要な手続きをとった上で働くべきです。
 また、外国人を雇用しようとする方も必要な資格があるか、就労資格証明書入管法第4章第19条の2)(就労資格証明書交付申請)の提示を求めるなど十分な注意を払うべきです(ただし、就労資格証明書を提示しないという理由で不利益な取扱をすることは違法となります。入管法第4章第19条の2第2項)。もし、現在就労可能な在留資格を有していなかったら、就労可能な資格への在留資格変更あるいは資格外活動許可の手続が必要となります。

このサイトはInternet Explorer7,Netscape Navigator7,Opera9,Firefox2で動作確認済みです。
Powered by sozai.wdcro
カスタム検索
トップページ
帰化申請
在留資格認定証明書
永住許可
在留資格変更
資格外活動許可
在留期間更新
就労資格
再入国許可
在留特別許可

事務所概要
料金・お申し込み方法
代表行政書士
リンク集
このサイトについて
サイトマップ

小林行政書士法務事務所
小林行政書士法務事務所(旧)
サクサク!内容証明!!

 Adobe Readerをお使いの方は、リンク色で表示されている書式をクリックして下さい。書式をダウンロードできます。Adobe Readerはアドビ社から無料でダウンロードできます。